二の腕ぶつぶつとニキビ

二の腕ぶつぶつとニキビの違い

二の腕ぶつぶつは文字通り二の腕にぶつぶつと出来物が出来る状態なのですが、見た目にはニキビにも似ているような気もします。ニキビも同じように肌にぶつぶつと出来てくるからです。二の腕ぶつぶつもニキビも原因は似ているようなところがあります。どちらも古い角質が剥がれないで残っている、詰まっているという点は同じだからです。しかし、大きく異なってくる点もあります。ニキビは基本的には細菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。ところが二の腕ぶつぶつはそうではありません。炎症を起こしているわけではなく痛みや痒みもほぼ感じないのが二の腕ぶつぶつなのです。また、ニキビはほうっておくと広がっていく可能性があり放っておくとひどい状態になる可能性を秘めています。必ず治療を行ったほうが良いのです。一方の二の腕ぶつぶつは必ずしも治療が必要というわけでもなくニキビのように広がっていくということもなくニキビ跡のような跡が残る可能性も基本的にはありません。放っておいても自然に消滅していくというのが二の腕ぶつぶつということになるのです。

二の腕ぶつぶつになりやすい体質

二の腕ぶつぶつは毛孔性苔癬という皮膚病で多くの人が発症する症状です。早い人は小学生の頃からピークは思春期で30代までにはかなりの人が自然と改善されてくると言われています。女性のほうが毛孔性苔癬で悩む人が多いようですが男性でも毛孔性苔癬になる人は多いようです。毛孔性苔癬の細かいメカニズムに関しては解明できていない部分もあるようですが、基本的には古い角質が毛穴につまっているといった状態です。原因は一つには遺伝的なものが考えられますが立証されているものでもありません。体質的には比較的太っている人に多いと言われています。太っている人は元より脂質の排出が上手にできていないので太っているのであって、そのあたりに毛孔性苔癬の原因もあるようです。ただし、太っているといっても見た目に太っている人だけが毛孔性苔癬になるというものでもありません。本質的に太っている人、つまり隠れ肥満とでも言うような人にも多く毛孔性苔癬は発症し二の腕のぶつぶつに悩んでいる人は多いようです。特に傾向としては脂っこい食事が好きな人によく出てくる症状のようです。